アフィリエイトでの収益は階段状には増えていかない – その理由と実際の収益額

突然ですが、アフィリエイト2年目に入った私の収益額を発表します。

  • 2015年1月 0円(スタート)
  • 2月 6700円
  • 3月 450円(今のメイン収益となるサイト作成開始)
  • 4月 0円
  • 5月 7590円
  • 6月 0円
  • 7月 26410円
  • 8月 47070円
  • 9月 45130円
  • 10月 64202円
  • 11月 49507円
  • 12月 168992円(先月アクセス同じ、訴求改善)
  • 1月 260534円

 

このようになっていて、ざっくり言うと

1~6月は0円

7~11月は5万前後

12月はポーンと伸びて17万

1月はまたまた伸びて26万

このようになっています。

 

それはなぜなのか?

理由を説明していきます。

私の収益が7月から上がってきた理由

ぶっちゃけると、1~2月はペラサイトを量産していました。

作って放置していたので、積み重なるサイトとは言えません。

それらがミスっていて、今の収益にはこれっぽっちも結びついていないのが現状です。

 

そして、3月から作り始めた大規模サイトが力をつけてきて、それが花開いたのが7月となります。

サイト作成から約4ヵ月で芽を出したわけですね、運がよかったとも思っています。

今現在もそのサイトが収益のほとんどを稼いでくれているので、初めて3ヵ月目に当たりが出たというべきでしょうか。

12月に収益がいきなり伸びた理由

7月から収益が出たことにより、色々検証したり、実験することが増えました。

またその時期から、1つのサイトを大きく育てることが重要なのかなとも思い、他にも100ページほどのサイトをいくつか作りました。

 

でも、それらが芽を開いて収益が伸びたわけではありません。

まだまだ検索にかからず、ただネット上に転がっているデータにしかなっていないのです。

 

なぜ収益が伸びたのか?

それは、アクセスがあるメインサイトの「訴求」を見直したからです。

 

文言を変えてみたり、記事の構成を変えてみたり、訪問者に刺さる言葉を考えながら、何度も修正を繰り返しました。

そして、どんどんクリック回数・成約率があがって、今の収益をもたらしてくれています。

1月に起こった自分のアフィリエイトに対する変化

今この記事を書いているのは2016年の2月22日なのですが、私が変化したのは1月の初めです。

アフィリエイトは「仕事」なんだと、はっきり実感しました。

 

何か出来事があったわけではありませんが、確かに思ったんです。ああ、俺の仕事はこれなのかと。

そして、真剣に向き合う様になりました。訪問者であったりGoogle等の検索エンジンであったり。

デザインも文言も、広告主も自分の持ち味も。

市場の広さやライバルサイトの研究・調査。リンクの効果・画像の力・strongタグのパワー。画像のaltタグ。

 

色々なことに向き合うようになり、アフィリエイトに必要な知識、基礎的な部分がどんどん繋がってきている気がします。

今まで点で散らばっていた知識や経験が、線で繋がったような感じです。表現が難しくてむずがゆいですが・・・。

 

これからは、アフィリエイトの土台となる、自分の基礎的な部分をしっかりと固めて、今まで以上に一つずつ、小さいことを検証して、学んでいこうと思います。

イレギュラーな手法を用いたりするのは、正直要らないんじゃないかとさえ思います。

 

迷ったり立ち止まったりしてしまう時は、一度本気で考えてみて下さい。

あなたにあるものはなんですか?足りないものはなんですか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*